FX

FXに挑戦 … 最後のチャレンジ

現在はFX (外国為替証拠金取引) の中でも、外為オプションというものをやっています。

外為オプションとは、一定時間後の為替レートが目標レートを上回るか下回るかを予測する取引です。

失敗した場合でも損失額は購入金額と同額になるので、資金を管理しやすいのです。


FXをやる上で重要なのは、FXを扱う会社選びです。

私は、GMOクリック証券を利用しています。

いくつかの証券会社を試しましたが、ここが一番私には合っている様に思えます。

取引画面も見やすいですし、1つの回は3時間で、それが1日10回あります。

2時間おきにスタートします。

私は、パソコンと i-Phone を使って取引しています。


私の場合の取引方法ですが、毎日エクセルを使ってデータを取って各回の傾向を探り、それを元に取引するという方法を使っています。

このエクセルを使う方法だと、10週間分位データが積み重なると各回の傾向が見えてきて非常に興味深いです。

詳しい内容はまだお伝えできませんが、自分なりにデータを取るというのは有効な方法だと思います。

でも、取引する会社によっては、利益をプラスにするための方法が見つからない場合もあります。

私がたどり着いたのはこのGMOクリック証券でした。


GMOクリック証券を選んだもう一つの理由は、例えば為替の値動きが非常に大きくて、取引可能範囲を超えた場合、他の会社は取引ができなくなりますが、ここは、999円のプレミアがついて取引ができるんです。

どういうことかと言いますと、想定を極端に超えた場合でも、例えば10万円分オプションを購入すると、100円の利益を出せるということです。

もちろん、リスクは伴いますが、範囲を充分に超えていれば比較的少ないリスクで利益をゲットできます。

これは、私には嬉しい制度でした。


ちなみに、このブログは決してGMOクリック証券を宣伝しようとしているものではありませんw

私がこの会社を利用してみての率直な感想です。

それと、FXを始める場合は、リスクを伴う商品であるということを充分に理解の上で始めてくださいね。

私も以前、大きな失敗をしたことがあるので … 。


私の現在の目標は、FXで年収分を稼げるくらいになることです。

無理そうですか?

いえいえ、行けるかもですよ。

FXに関しては、この証券会社での取引を最後のチャレンジにするという位置づけをしています。

また、このブログで経過をご報告できるときがくることを願います。

考えうるあらゆる方法を使って頑張っています。

それでは、また

2017年4月16日(日) 記

|

FXに挑戦(10.07.02)

『FXに挑戦』 では、FX取引で収支をプラスにすることを目指します。

今回の取引内容は

7月2日(金) 16時00分: 88円07銭で買いました。

取引通貨は USD/JPY(米ドル/日本円) で、取引数量は1万通貨です。

上記取引後の保有ポジション

・88円07銭 (買・1万通貨)

◎ “買い” から入ると、“売り” で取引終了となり、取引数量が1万通貨の場合、米ドルが1銭上げると収支は100円プラスで、1銭下げると100円マイナスとなります。
“売り” から入った場合は、“買い” で取引終了となり、米ドルが取引開始時より1銭下げると、収支は100円プラスになり、1銭上げると100円マイナスになります。



FX (外国為替保証金取引) とは、外国通貨の売り買いを行い、利益をだす取引のことをいいます。最大の特長は「売り」からでも「買い」からでも取引が始められることです。

FXキャンペーンの申し込み、またFX取引開始にあたっては、内容を十分にご理解の上、ご自身の判断で行ってください。

|

FXに挑戦(10.05.07)

FX取引で収支をプラスにすることが、このコーナーの目標です。

今回の取引内容は

3月25日(木) 08時01分: 92円09銭で売った米ドルを   (FXに挑戦(10.03.25)参照)
             ↓
5月7日(金) 02時39分: 91円77銭で買いました。

今回は “売り” から入っているので、取引は “買い” で終了となります。

収支は 】  

差益は 32銭のプラスです。

今回取引したのは10万通貨ですから、32,000円プラスになったことになります。

現在保有ポジション 】 (上記取引含む)

・なし

経過

今回は保有期間が長過ぎました。

3月25日に “売り” を入れたのは、買われ過ぎの兆候が見られたからですが、下げるどころか、更に強い買われ過ぎの兆候が出続けたまま上げるという、最悪のパターンになってしまいました。

本来なら、すぐにロスカットするところですが、方向転換の兆候が出ているので手放すに手放せない状態でした。

しかし、4月2日の94円68銭を境に下げ始め、19日には91円58銭まで下げ、これで一安心と思った矢先、再び上げ始めてしまいました。

この転換点では、大きな変化の兆しが見えなかったため、すぐにまた下げ始めるだろうと思いきや、5月5日の94円98銭まで上げて行きました。

もう、さすがにだめかなと思いましたが、7日の午前0時を過ぎたあたりから急激に下げ始めたので、利益が出た時点で手放しました。

今回の取引では、単にテクニカル指標だけに頼っていると危険だという事を改めて認識しました。

それにしても、今日(7日)午前0時過ぎからの下げの勢いはものすごく、FX市場の “怖さ” を実感しました。


◎ “売り” から入ると、“買い” で取引終了となり、取引数量が10万通貨の場合、米ドルが1銭下げると収支は1,000円プラスになり、1銭上げると1,000円マイナスになります。
“買い” から入った場合は、“売り” で取引終了となり、米ドルが取引開始時より1銭上げると、収支は1,000円プラスになり、1銭下げると1,000円マイナスになります。


FX (外国為替保証金取引) とは、外国通貨の売り買いを行い、利益をだす取引のことをいいます。最大の特長は「売り」からでも「買い」からでも取引が始められることです。

FXキャンペーンの申し込み、またFX取引開始にあたっては、内容を十分にご理解の上、ご自身の判断で行ってください。

|

FXに挑戦(10.03.25)

FX取引で収支をプラスにすることが、このコーナーの目標です。

今回の取引内容は

ドルは24日の17時頃から大きく値を上げましたが、その反動で下げると思われますので、今回は “売り” から入ります。数日から1週間ほどかけた取引になると思います。

3月25日(木) 08時01分: 92円09銭で売りました。

取引通貨は USD/JPY(米ドル/日本円) で、取引数量は10万通貨です。

現在保有ポジション 】 (上記取引含む)

・92円09銭 (売・10万通貨)

◎ “売り” から入ると、“買い” で取引終了となり、取引数量が10万通貨の場合、米ドルが1銭下げると収支は1,000円プラスになり、1銭上げると1,000円マイナスになります。
“買い” から入った場合は、“売り” で取引終了となり、米ドルが取引開始時より1銭上げると、収支は1,000円プラスになり、1銭下げると1,000円マイナスになります。


FX (外国為替保証金取引) とは、外国通貨の売り買いを行い、利益をだす取引のことをいいます。最大の特長は「売り」からでも「買い」からでも取引が始められることです。

FXキャンペーンの申し込み、またFX取引開始にあたっては、内容を十分にご理解の上、ご自身の判断で行ってください。

|

FXに挑戦(10.03.16②)

FX取引で収支をプラスにすることが、このコーナーの目標です。

今回の取引内容は

3月16日(火) 09時40分: 90円21銭で売った米ドルを   (FXに挑戦(10.03.16)参照)
             ↓
3月16日(火) 17時34分: 90円44銭で買いました。

今回は “売り” から入っているので、取引は “買い” で終了となります。

収支は 】  

差益は 23銭のマイナスです。

今回取引したのは10万通貨ですから、23,000円マイナスになったことになります。

2回続けての損切りになってしまいました。

いくつかの指標が下げる方向に動いたので、売りをいれましたが、みごとに失敗しました。

FXを続けるためにも、これからはもっと確実な方法を探していきたいと思います。

現在保有ポジション 】 (上記取引含む)

・なし

◎ “売り” から入ると、“買い” で取引終了となり、取引数量が10万通貨の場合、米ドルが1銭上がると収支は1,000円マイナスで、1銭下がると1,000円プラスになります。
“買い” から入った場合は、“売り” で取引終了となり、米ドルが取引開始時より1銭上がると、収支は1,000円プラスになり、1銭下がると1,000円マイナスになります。


FX (外国為替保証金取引) とは、外国通貨の売り買いを行い、利益をだす取引のことをいいます。最大の特長は「売り」からでも「買い」からでも取引が始められることです。

FXキャンペーンの申し込み、またFX取引開始にあたっては、内容を十分にご理解の上、ご自身の判断で行ってください。

|

FXに挑戦(10.03.16)

FX取引で収支をプラスにすることが、このコーナーの目標です。

今回の取引内容は

ドルは短期的に下げる気配が見えますので、今回は “売り” から入ります。

3月16日(火) 09時40分: 90円21銭で売りました。

取引通貨は USD/JPY(米ドル/日本円) で、取引数量は10万通貨です。

現在保有ポジション 】 (上記取引含む)

・90円21銭 (売・10万通貨)

◎ “売り” から入ると、“買い” で取引終了となり、取引数量が10万通貨の場合、米ドルが1銭上がると収支は1,000円マイナスで、1銭下がると1,000円プラスになります。
“買い” から入った場合は、“売り” で取引終了となり、米ドルが取引開始時より1銭上がると、収支は1,000円プラスになり、1銭下がると1,000円マイナスになります。


FX (外国為替保証金取引) とは、外国通貨の売り買いを行い、利益をだす取引のことをいいます。最大の特長は「売り」からでも「買い」からでも取引が始められることです。

FXキャンペーンの申し込み、またFX取引開始にあたっては、内容を十分にご理解の上、ご自身の判断で行ってください。

|

FXに挑戦(10.03.12②)

FX取引で収支をプラスにすることが、このコーナーの目標です。

今回の取引内容は

3月12日(金) 04時09分: 90円60銭で買った米ドルを   (FXに挑戦(10.03.12)参照)
             ↓
3月12日(金) 18時54分: 90円30銭で売りました。

今回は “買い” から入っているので、取引は “売り” で終了となります。

収支は 】  

差益は 30銭のマイナスです。

取引したのは10万通貨ですから、30,000円マイナスになったことになります。

今回はマイナスという結果に終わってしまいましたが、FXの場合、含み損を抱えるのは非常に危険なので、ロスカットは仕方ありません。

下げ始める兆候を捉える事ができなかったので、この点は今後の課題となりそうです。

現在保有ポジション 】 (上記取引含む)

・なし

◎ “買い” から入ると、“売り” で取引終了となり、取引数量が10万通貨の場合、米ドルが1銭上がると収支は1,000円プラスで、1銭下がると1,000円マイナスとなります。
“売り” から入った場合は、“買い” で取引終了となり、米ドルが取引開始時より1銭上がると、収支は1,000円マイナスになり、1銭下がると1,000円プラスになります。



FX (外国為替保証金取引) とは、外国通貨の売り買いを行い、利益をだす取引のことをいいます。最大の特長は「売り」からでも「買い」からでも取引が始められることです。

FXキャンペーンの申し込み、またFX取引開始にあたっては、内容を十分にご理解の上、ご自身の判断で行ってください。

|

FXに挑戦(10.03.12)

FX取引で収支をプラスにすることが、このコーナーの目標です。

今回の取引内容は

ドルは一時的に上げると思いますので、今回は “買い” から入ります。

3月12日(金) 04時09分: 90円60銭で買いました。

取引通貨は USD/JPY(米ドル/日本円) で、取引数量は10万通貨です。

現在保有ポジション 】 (上記取引含む)

・90円60銭 (買・10万通貨)

◎ “買い” から入ると、“売り” で取引終了となり、取引数量が10万通貨の場合、米ドルが1銭上がると収支は1,000円プラスで、1銭下がると1,000円マイナスとなります。
“売り” から入った場合は、“買い” で取引終了となり、米ドルが取引開始時より1銭上がると、収支は1,000円マイナスになり、1銭下がると1,000円プラスになります。


FX (外国為替保証金取引) とは、外国通貨の売り買いを行い、利益をだす取引のことをいいます。最大の特長は「売り」からでも「買い」からでも取引が始められることです。

FXキャンペーンの申し込み、またFX取引開始にあたっては、内容を十分にご理解の上、ご自身の判断で行ってください。

|

FXに挑戦(10.03.11)

FX取引で収支をプラスにすることが、このコーナーの目的です。

今回の取引内容は

一時は90円81銭まで上げましたが、その後上げる気配はなく下げ始めたので、これ以上無理をせず利益を確定するために手仕舞いとしました。

3月10日(水) 16時03分: 90円14銭で買った米ドルを   (FXに挑戦(10.03.10②)参照)
             ↓
3月11日(木) 12時28分: 90円24銭で売りました。

“買い” から入っているので、取引は “売り” で終了となります。

収支は 】  

差益は 10銭のプラスです。

今回取引したのは10万通貨ですから、10,000円プラスになったことになります。

現在保有ポジション 】 (上記取引含む)

・なし

◎ “買い” から入ると、“売り” で取引終了となり、取引数量が10万通貨の場合、米ドルが1銭上がると収支は1,000円プラスで、1銭下がると1,000円マイナスとなります。
“売り” から入った場合は、“買い” で取引終了となり、米ドルが取引開始時より1銭上がると、収支は1,000円マイナスになり、1銭下がると1,000円プラスになります。


FX (外国為替保証金取引) とは、外国通貨の売り買いを行い、利益をだす取引のことをいいます。最大の特長は「売り」からでも「買い」からでも取引が始められることです。

FXキャンペーンの申し込み、またFX取引開始にあたっては、内容を十分にご理解の上、ご自身の判断で行ってください。

|

FXに挑戦(10.03.10②)

FX取引で収支をプラスにすることが、このコーナーの目標です。

今回の取引内容は

指標に上げる気配が見えますので、今回は “買い” から入ります。

3月10日(水) 16時03分: 90円14銭で買いました。

取引通貨は USD/JPY(米ドル/日本円) で、取引数量は10万通貨です。

現在保有ポジション 】 (上記取引含む)

・90円14銭 (買・10万通貨)

◎ “買い” から入ると、“売り” で取引終了となり、取引数量が10万通貨の場合、米ドルが1銭上がると収支は1,000円プラスで、1銭下がると1,000円マイナスとなります。
“売り” から入った場合は、“買い” で取引終了となり、米ドルが取引開始時より1銭上がると、収支は1,000円マイナスになり、1銭下がると1,000円プラスになります。


FX (外国為替保証金取引) とは、外国通貨の売り買いを行い、利益をだす取引のことをいいます。最大の特長は「売り」からでも「買い」からでも取引が始められることです。

FXキャンペーンの申し込み、またFX取引開始にあたっては、内容を十分にご理解の上、ご自身の判断で行ってください。

|