テレビ

紅白 どっちが勝ったの? 2016年(平成28年)

第67回 NHK紅白歌合戦は、紅組の勝利でした。

○ これで、対戦成績は 紅組 31勝、白組 36勝 となりました。

 ・第67回 2016年(平成28年) … 紅組勝利
 ・第66回 2015年(平成27年) … 紅組勝利
 ・第65回 2014年(平成26年) … 白組勝利
 ・第64回 2013年(平成25年) … 白組勝利
 ・第63回 2012年(平成24年) … 白組勝利
 ・第62回 2011年(平成23年) … 紅組勝利


紅白歌合戦は、結果を見逃してしまうことが多々あるので、

きっちり勝敗を確認して、結果をお伝えするようにしています。


○ 今年の司会は

 ・紅組: 有村 架純 (ありむら かすみ)
 ・白組: 相葉 雅紀 (あいば まさき)
 ・総合: 武田 真一 (たけた しんいち)

○ 今年のテーマは

 ・ 『 夢を歌おう 』

大トリは

 ・嵐 『 嵐×紅白スペシャルメロディー 』


それでは皆様、良い年をお迎えください。

2016年 大晦日

|

ワールドビジネスサテライトがお気に入り … その2

以前、テレビ東京の経済ニュース番組 『ワールドビジネスサテライト』 を気に入っている理由として、3つの要因を挙げました。

それは

1 出演者のやりとりに好感が持てる

2 出演者全員がいい味出してる

3 コメンテーターがすばらしい

でしたが、最も大切な事を書き忘れていました

それは

※ メーンキャスター 大江麻里子さんのやさしさです。


2016年2月12日(金)放送の番組のやりとりに、こういう場面がありました。

トレタマキャスターの相内優香さんが、今年発売される “足で操作できる” 扇風機の内容を説明しましたが、

その扇風機は高校生が発案し、そのアイデアを大手メーカーが実用化したものでした。

相内キャスターのプレゼンが終わってから、大江さんは一言、やさしく、こう言いました。

形になってよかったですね^^


以前、こういう場面もありました。

やはり、キャスターの相内さんですが、トレタマプレゼンのとき、前髪をアップにして、おでこを完全に出した髪形にしていたんです。

そのとき、番組サブキャスターの大浜平太郎さんは、相内さんのおでこに関して、一言発言してしまいました。

もちろん、大浜さんには悪気はなかったでしょうが、

私は 『容姿についての発言はまずいんじゃないの?』 と、ちょっと思ってしまいました。

そしたら、すかさず、大江麻里子さんは相内さんに、こう言葉をかけました。

かわいいですよ^^


他にも、ゲストや他の出演者に対して、やさしい配慮や、気配りを見せる姿をたびたび “目撃” します。

見ていて、ホント、心が和みます。

やはり、このワールドビジネスサテライトは “見続けたいたい番組から外すことはない” と思う気持ちを新たにした今日この頃です。

2016年2月13日(土) 記

|

紅白 どっちが勝ったの? 2015年(平成27年)

第66回 NHK紅白歌合戦は、紅組の勝利でした。

○ これで、対戦成績は 紅組 30勝、白組 36勝 となりました。

 ・第66回 2015年(平成27年) … 紅組勝利
 ・第65回 2014年(平成26年) … 白組勝利
 ・第64回 2013年(平成25年) … 白組勝利
 ・第63回 2012年(平成24年) … 白組勝利
 ・第62回 2011年(平成23年) … 紅組勝利


紅白歌合戦は、結果を見逃してしまうことが多々あるので、

きっちり勝敗を確認して、結果をお伝えするようにしています。


○ 今年の司会は

 ・紅組: 綾瀬はるか (あやせ はるか)
 ・白組: 井ノ原快彦 (いのはら よしひこ)
 ・総合: 黒柳徹子 (くろやなぎ てつこ)
              有働由美子 (うどう ゆみこ)

○ 今年のテーマは

  ザッツ、日本! (これぞ、日本!)
  ザッツ、紅白! (これぞ、紅白!)

○ 企画コーナーは

 ・前半 : 特別企画 「アニメ紅白」
 ・後半 : 連続テレビ小説 「あさが来た」 紅白特別編
 ・後半 : スペシャルコーナー 「ザッツ・SHOWTIME ~星に願いを~」 
 ・後半 : 特別企画 震災から5年 「花は咲く」
 ・後半 : 「ザッツ、日本!ザッツ、紅白」 特別企画

○ 大トリは

 ・松田聖子 『赤いスイートピー』


それでは皆様、良い年をお迎えください。

2015年 大晦日

|

紅白 どっちが勝ったの? 2014年(平成26年)

第65回 NHK紅白歌合戦は、白組の勝利でした。

紅白歌合戦は、結果を見逃してしまうことが多々あるので、

きっちり勝敗を確認して、結果をお伝えするようにしています。


今年の司会

 ・紅組: 吉高由里子 (よしたか ゆりこ)
 ・白組: 嵐 (あらし)
 ・総合: 有働由美子 (うどう ゆみこ)

企画コーナー

 ・嵐meets妖怪ウォッチ
 ・「花子とアン」特別編
 ・みんなで歌おう!アナと雪の女王  

大トリ

 ・松田聖子 『あなたに逢いたくて~Missing You~』


それでは皆様、良い年をお迎えください。

2014年 大晦日


2015年(平成27年)の結果はこちらから
http://icchan-in-yokohama.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/201527-e02e.html 

|

ワールドビジネスサテライトがお気に入り

私は今までニュース番組はほとんど見なかったんですが、ここ数ヶ月前からテレビ東京のWBS(ワールドビジネスサテライト)を欠かさず観るようになりました。

WBSとはテレビ東京の経済ニュース番組で、ここで、経済の最新情報を知ることができます。

経済的な状況をもっと知りたいという思いから観始めたんですが、最近はすっかりハマってしまいました。

自分なりに、なぜこの番組が気に入ったのか分析してみました。

分析というほど大げさなものでもないんですが、


気に入った理由

その① 出演者のやりとりに好感が持てる。

放送中の出演者のやりとりに、以前こういう場面がありました。

その日、社会進出する女性への制度的な支援などについての特集が組まれていましたが、メーンキャスターの大江麻理子(おおえ まりこ)さんが、 『現在、自分は独身ですが、結婚した場合に、家庭と仕事を両立させていけるか、社会的なバックアップの面で不安な点があります』 という意味合いの事を話されたとき、サブキャスターの大浜平太郎(おおはま へいたろう)さんは、それに対して、さりげなく 『僕が協力できる事は何でも言ってください』 と応じていました。

こういう掛け合いは、台本でセリフを組んでできるようなことではありません。

出演者の間で、うまく歯車が噛み合っているという印象を受けます。


その② 出演者全員がいい味出してる。

メーンキャスターの大江麻理子さん、サブキャスターの大浜平太郎さんはもちろんですが、マーケットキャスターの豊島晋作(とよしま しんさく)さんも頑張っています。

この豊島さんは、ほとんど笑顔を見せず、真剣そのものw。

それと、忘れてならないのが、今後のトレンドになりそうな商品を取り上げる 『トレンドたまご』 を担当する二人のトレたまキャスター相内優香(あいうち ゆうか)さんと大澤亜季子(おおさわ あきこ)さん。

このトレたまキャスターの二人は、私からみると、ちょっと天然なところがあって(いい意味でですw)、観ていて微笑ましいです。


その③ コメンテーターがすばらしい。

コメンテーターの方は一日に一人だけで、数日毎に、交代でいろいろな方が出演されますが、どの方も“プロフェッショナル” です。

この方達はプロの仕事をしていきます。

なぜ、この人達はプロだと感じるかというと、ニュースを解説する場合も、キャスターからの質問に答える場合も、すばやく・はっきり・的確に、そして明確に意見を述べるからです。


こんなにこの番組をベタ褒めしていますが、決して私はテレビ東京の関係者ではありませんw。

放送時間 (23:00~23:58) の関係で、リアルタイムで観ることができないので、レコーダーに録画しておいて翌日観るようにしています。

これからも見続けたい番組のひとつです。

2014年8月9日(土) 記

|

紅白 どっちが勝ったの?(2013年・平成25年)

第64回 NHK紅白歌合戦は、白組の勝利でした。

紅白歌合戦は、結果を見逃してしまうことが多々あるので、

きっちり勝敗を確認して、結果をお伝えするようにしています。

それでは皆様、良い年をお迎えください。

2013年 大晦日


※ 2014年(平成26年)の結果は下記URLからどうぞ

http://icchan-in-yokohama.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/201426-c94b.html

|

水月湖に すごいお宝?

福井県にある水月(すいげつ)湖にすごいお宝が眠っていたのをご存知でしたか。

Eテレの 『サイエンスZERO』 で放送された内容ですが、そのお宝とは “泥” です。

泥と言ってもただの泥ではないんです。

厚さ45M、年代にして7万年分の歴史を刻んだ、世界でも有数の年縞(ねんこう)堆積物なんです。

湖の底に毎年積み上げられていく堆積物には、その年の様々な情報が含まれています。

そこから、地球の気候変動の歴史や、人類のあゆみが読み取れるという訳です。

現在、古代の遺物の年代測定には炭素14法という方法が使われていますが、この方法だと数百年の誤差が出てしまいます。

ところが、その炭素14法で測定したデータを水月湖のデータで補正すると、なんと1万年で±30年の誤差まで精度を上げることができるそうです。

この水月湖のデータは、炭素年代測定の補正に国際的に採用されることが昨年の7月に決まり、科学雑誌 『Science』 (2012年10月19日号)にも掲載されました。

なぜ、水月湖が7万年分ものデータを保存できたかというと、

① 海や川とつながっていないので、土砂が入ってこない。

② 水深が深く(35M)、湖底が無酸素状態で生物がいない。

③ 普通、湖は1~3万年で底が上がってなくなりますが、ここの場合は、近くに断層があって1年に0.7㎜のペースで湖底が下がっているので浅くならない。

という3つの偶然が重なったからでした。

まさに、自然が創り上げた奇跡ですね。

2013年4月29日(月) 記

|

大人の山歩き

テレビ朝日系で土曜の朝に放送されている 『大人の山歩き』 という番組はご存知でしょうか。

季節に合わせたお勧めの山歩きコースを紹介してくれる番組ですが、私は先月から見始めました。

なぜかといいますと・・・

『トレッキングに行くこと』 が今年の目標の一つなんですが、なかなか、プランを具体化するところまでは踏み出せていないというのが現状です。

そこで、気分だけでも山歩きをという事でこの番組を見始めました。

私が目指しているのは、ザイルやアイゼンなど本格的な道具を必要とする登山ではなくて、トレッキングと言われる、いわゆる山歩きです。

スポーツ用品店などにも行って用具を見たりしますが、値段が高いのにはちょっとビックリ。

でも、

山の上で景色を眺めながら “山ごはん” してみたいし、

鼻から思いっきり山の空気を吸ってみたいし、(口からではなくて鼻からというのがポイントです)

う~ん、行ってみたい。

誰か連れてってぇ~

という訳にもいかないでしょうから、のんびり準備しよっと。

(もし)トレッキングに行けたら、このブログでご報告しますね。

ではでは

2013年4月21日(日) 記

|

紅白 どっちが勝ったの?(2012年)

第63回 NHK紅白歌合戦は、白組の勝利でした。

紅白歌合戦は、結果を見逃してしまうことが多々あるので、

きっちり勝敗を確認して、結果をお伝えするようにしています。

それでは皆様、良い年をお迎えください。

2012年 大晦日


※ 2013年度
の勝敗は下記URLからご確認ください。
http://icchan-in-yokohama.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/64-e9a5.html

※ 2014年度の勝敗は下記URLからご確認ください。
http://icchan-in-yokohama.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/201426-c94b.html 

|

紅白 どっちが勝ったの?(2011年)

第62回 NHK紅白歌合戦は、紅組の勝利でした。

紅白歌合戦は、結果を見逃してしまうことが多々あるので、

きっちり勝敗を確認して結果をお伝えするようにしています。

それでは 皆様、良い年をお迎えください。

2011年 大晦日

|

より以前の記事一覧