« ミニロトに挑戦 … 第992回 | トップページ | ミニロト 4等当選! … 第992回 »

モンテカルロ法でFX … 成功報告 2018.09

4週間にわたって、バイナリーオプションを買う際の口数について、モンテカルロ法を応用するという実験をしてきました。


対象となったバイナリーオプションの内容は

使用ツール FXプライム by GMOの 『選べる外為オプション』

通貨 EUR/USD ユーロ/ドル

取引時間 22時~0時

予想掲載時間 21時頃

購入する口数 … 数列 1 2 3 を初期値とし、口数は数列の左端と右端を足した 4口を初期値とする。


果たしてその結果は

勝率13勝7敗  65%

収支11,434円プラス

掛金の合計が 58,566円でこれだけの利益を出すことができたので、まさに成功と言っていいと思います。


問題点

ただ、ここでモンテカルロ法の問題点も浮き彫りになりました。

問題点に言及する前に、まず、以下に、実践したモンテカルロ法以外に、もし各回を均等買いしていた場合と、モンテカルロ法の数列を増やした場合にどうなっていたかを示す数値を示しましたのでそれをご覧ください。

毎回4口を均等で買っていた場合

掛金の合計 … 43,740円

収支 … 8,260円プラス

数列を 4 5 6 で買っていた場合 (実戦では数列 1 2 3 です)

掛金の合計 … 140,607円

収支 … 31,393円プラス

数列を 9 10 11 で買っていた場合

掛金の合計 … 277,342円

収支 … 64,658円プラス


上記の数値を見てお気づきになったと思いますが、モンテカルロ法の最大の問題点はやはり、掛金の高さです。

的中率の平均が65%でも、初期値の数列 1 2 3 を使用した場合、毎週2万円程度資金を用意しておかないと続けることができなくなります。

ましてや、一月の利益を6万円と見込んで、数列の初期値を 9 10 11 として始めると、毎週10万円弱の資金を用意しておく必要があります (勝率65%の場合)。


均等買いした場合

今回の実験で勝率が13勝7敗 (65%) になりましたが、この数値は非常に優秀な数値です。

通常は、45%~55%の付近になります。

この実験で得ることができた的中率65%があれば、均等買い (毎回同じ口数を買う) でも充分勝負になると思います。

なぜかというと、均等買いした場合の掛金の平均は一口 547円だからです。

実は、ブログに掲載を始める前から、8週間分のデータを積み重ねていました。

その時点では、70%を越える的中率でした。

現在、12週分のデータでは、67.8%となっています。


結論

確かに、FXのバイナリーオプションでモンテカルロ法を応用することは、負けに対する保険としては有効ではあります。

ただ、これはあくまで小額で投資を楽しみたい場合に当てはまるもので、利益を蓄積して少しずつ掛金を増やそうとする場合には、リスクが大きくなるために不向きと言えます。

そのため、今後は均等買いという形を取ろうと考えています。

的中率に関して言えば、8週までは、70%を越え、現在は67.8%に下がっています。

そこで、あと2週の間、データのみを取り続け、その時点で満足のいく的中率が持続されていれば、再びブログに掲載しようと思います。

それでは、ふたたびお目にかかることを願って

2018年9月15日(土) 記.


掛ける口数にモンテカルロ法を応用する方法などについては、下記の記事を参考にご覧ください

『モンテカルロ法でバイナリーオプション』            

FXの取引にあたっては、リスクを充分ご理解の上、ご自身の責任において取引してください。

この記事の内容を無断で転載することはできません。

|

« ミニロトに挑戦 … 第992回 | トップページ | ミニロト 4等当選! … 第992回 »

FX」カテゴリの記事