« 真・競馬に挑戦 試作公開5(13.02.24) | トップページ | ロト6に挑戦(第739回) »

株を守りて兎を待つ

本屋に行って競馬コーナーを覗くと、必勝法と銘打った本がズラリと並んでいますが、果たしてどれだけの方法が実際に収支をプラスに出せているのかといつも疑問に思います。

『過去の例から傾向をつかみ、予想を立てる』 というのがどの必勝法にも共通している点ですが、こういった手法を見ていると、高校生の時に漢文の授業で習った中国の古いことわざを思い出します。

株を守りて兎を待つ

宋という国の時代、ある農民が畑で仕事をしていると、兎がやってきて、兎は木の株にぶつかって死んでしまいます。

難なくおいしいご馳走を手に入れることができたわけです。

それ以来、農民は畑仕事をやめて、切り株の側で番をして、また兎が来るのを待ち続けます。

いまこのブログでは、真・競馬に挑戦、ロト6に挑戦を掲載しています。

それと、ブログには現在載せていませんがFXも続けています。

どれもあまりいい結果は出せていないので、『株を守りて兎を待つ』 状態になっているようにも思えてきます。

でも一方で、チャロの言葉も聞こえてきます。

Believe in myself and my dream will come true!  

『自分を信じれば夢は必ず叶う』  -リトル・チャロー より

う~ん

ここはやはりチャロに一票!

というわけで、競馬もロト6もFXも頑張るゾウ!ということに一件落着しました。

こんな結論でいいのかい、という声も聞こえてきそうですが、毎年年末恒例作文の 『今年一年を振り返って』 にすばらしい結果報告ができるように頑張ります。

ではでは

2013年2月24日 記

|

« 真・競馬に挑戦 試作公開5(13.02.24) | トップページ | ロト6に挑戦(第739回) »

雑感」カテゴリの記事